オンラインサロンとは同じ目的を持った人同士で交流する空間です

多方向型のコミュニティーサイトです

オンラインサロンとは月額会員制で行うオンラインのコミュニティーです。参加者以外は見られないチャットやSNSのようなものだと考えれば分かりやすいです。サロンでは主催者が投稿するコンテンツを閲覧したり、参加者同士でコミュニケーションを行います。場合によっては会員限定のオフ会も開催されています。サロンによって行うコンテンツは違います。まずは主催者が投資やビジネスなど有益な知識を提供するタイプです。ただ文章で配信するだけでなく、動画の投稿やオンライン上でフィードバックも行えます。もう一つは芸能人などがファンクラブのように開設するタイプです。限定コンテンツを用意したりファン同士の交流が提供されます。本人がメッセージを投稿するので距離の近さを感じられます。オンラインサロンでは参加者同士や参加者と主催者でリアルタイムでやり取りできます。これまでよりきめ細かいケアとなり、ファン同士でより結束を深めることが出来るのです。イベントに参加するより簡単ですが、ブログやメルマガよりもコンテンツは充実しています。

将来の仕事や人脈につながります

オンラインサロンとはいわば同じ目的で集まっているサロンです。互いに意見交換して切磋琢磨できる状況になれるのはメリットであると言えるでしょう。主催者が一方的に提供するセミナーとは違い、サロンでは所属することで常に意見交換ができます。また、一般的に有料公開されているコンテンツが無料で閲覧することが出来ます。参加者同士でノウハウを共有できるので、専門性が高く良質なコンテンツにしやすいのが魅力でしょう。オンラインサロンとはあくまで主催者が提供するコンテンツに特化しているクローズドな場です。不特定多数ではなかなか言いづらい本音を言ったり聞いたりできるのも強みです。

外部からで活動の実態をつかみにくい

クローズドなコミュニティーなのが魅力ですが、そのため外からは実態を掴みにくいのも特徴です。最近では入会してからイメージと違っていったというトラブルも発生しています。特に多いのが活動がそれほど盛んに行われていないことです。事前に説明があったにもかかわらず、何ヶ月も投稿されなかったり新規へのフォローがないケースもあります。それほど安くはない月額料金に対して十分なサービスを受けられていないこともあります。中には女性会員に対して男性がデートに誘ったりなどのセクハラのトラブルも起きています。クローズドな場なので、被害者には最善の選択肢がなく顕在化しにくい問題があります。サロンの中には運営の一部を参加者に任せている場合もあります。会費を払っているにもかかわらずオーナーから指示を受けて働くことになっています。これは主催者が強い人気をもっている場合に多く、サロン内で常識となっていればおかしいと言い出せない場合が多いです。難しいところは入会前ではサロン内の実態をつかみにくい点です。もし体験入会があれば積極的に利用してみましょう。既に入会している友人がいるなら話を聞いてみて入念にリサーチを行いましょう。